ゲーム モンスト

【爆絶EX】グランディオーソ出現率・確率について

爆絶EXグランディオーソ出現率・確率について
スポンサーリンク

爆絶8周目『~旋律の転調者~』クエストクリア後に低確率でEXステージが出現!

グランディオーソ降臨!!
爆絶8周目となる『~旋律の転調者~』シリーズが開始され、水属性の「ノービレ」が降臨していたので周回していたところ、3回目のクリア後にEXクエストとなる「グランディオーソ降臨」のアニメーションが出現!

こちらの「グランディオーソ」EXクエストは「阿頼耶」や「刹那」のようにクリアパーティーのままで挑戦するのではなく、一旦ホーム画面に戻ってから新たにパーティー編成をして挑めるクエストとなっています。

グランディオーソのクエストはノーコンティニューなので、負ければ問答無用でその場で即終了となるので注意が必要!

マルチプレイも可能ではありますが、グランディオーソが出現している人同士でしかプレイできない仕様となっています。

グランディオーソは降臨モンスターとしては珍しい「獣神化モンスター」となっており、勝利すれば3体確定でゲット可能!(マルチだと4ドロ以上の可能性有り)

※2022年5月27日追記:超絶でもEXが出現するようになりました!

筆者の初見はこのパーティーで挑戦!

世界に転調を来す壮大なる旋律
筆者の初見はこのパーティーで挑んだのですが、あっさりと雑魚の即死攻撃で敗北。。。

ノーコンティニュークエストなので、呆然としていたらホーム画面に戻っていたので敗北時のスクショは取れずに終了。

コマネチ君
阿頼耶に続いて今回も初見で負けたね。

気を取り直して再度「ノービレ」を周回したところ、今度は4クリア目で再びグランディオーソEXが出現!

重力バリアに対応していない「空閑 遊真」がイマイチな手ごたえだったので、「オニキス」に変えて挑む事を決意!

気を取り直してグランディオーソに再挑戦!

今度は夢中になっていたあまりにスクショを全く撮影しておらず、なんやかんやで無我夢中にプレイした結果、無事にクリアできました!

グランディオーソ勝利グランディオーソの難易度は?

「グランディオーソEX」の難易度としては、轟絶「ディビジョン」で実装された新ギミックの「ディレクションガード」が随所に採用されている上に、雑魚の即死攻撃も有ったので、現状ではかなりクエスト難易度は高めだと筆者は感じました。

スポンサーリンク

【不具合】グランディオーソの「英雄の証」は手動で付ける必要有り。

グランディオーソ不具合
グランディオーソ英雄の証
これはおそらく不具合の為だと思いますが、「グランディオーソ」は獣神化でゲットできるモンスターなのですが、「英雄の証」がなぜか付いておらず、別画面でもらう必要がありました。

画面下部の「モンスター」をタップすると「英雄の証をもらう」という項目が追加されているので、そこから一括で取得する流れとなっているので、個別に選択する事はできませんでした。

これに関しては後々のアップデートで改善されるようなので、「英雄の証無しバージョン」はレアになるかも知れないですね。

爆絶EXクエスト「グランディオーソ」の出現率・確率は?

新たに実装された爆絶EXクエスト「グランディオーソ」の気になる出現率は、twitterでの報告を中心にリサーチしたところ、過去に実装されていた「トレノバ」や「ピスカス」がゲットできた『秘海の冒険戦』EX出現率と同程度の20%前後ではないかと筆者は予想。

筆者自身もまだまだ周回数は少ないとはいえ、それなりには出現する印象を得る事が出来ましたし、禁忌EXの「刹那」「那由多」「阿頼耶」と比べると明らかに出現率が高い報告が多いです。

グランディオーソ出現対象爆絶クエスト

(水属性)ノービレ:『薔薇に酔いし高貴なる旋律』

(闇属性)スケルツァンド:『道化と戯れし軽快なる旋律』

(火属性)アジタート:『猛炎を纏いし激烈なる旋律』

(光属性)ラルガメンテ:『寛大なる旋律』

(木属性)テンペスト-ソ:『大嵐を呼びし狂暴なる旋律』

今後は爆絶クエストも期待大!

爆絶8周目にして追加されたEXクエストの実装により、降臨モンスターとしては圧倒的なスペック差が有った「轟絶モンスター」との差がほとんど無い「グランディオーソ」のようなモンスターが爆絶でもゲットできるようになりました!

EX出現を目指した周回をしている間に、おのずと爆絶モンスターが運極になる可能性が高い事を踏まえると、今後の爆絶クエストでEX出現を優先するならば、「運枠」を無視した「周回効率重視の適正モンスターのみ」での編成をおススメします。

ココがポイント

EX狙いで爆絶をプレイするなら、ガチャ限メインでの編成の方が周回速度が速いのでおススメ!

-ゲーム, モンスト

© 2022 コマネチWeb